新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた!三鷹市の龍源寺にある【t】

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
新撰組はご存知だろうか?詳しくは知らなくても名前くらいは聞いたことがあるだろう。

江戸幕府の主力として、明治維新の頃に活躍した武士の集団だ。
その新撰組の局長を務めたのが近藤勇だ。

その近藤勇の墓は三鷹市の龍源寺というお寺にあるのだ。

新撰組を束ねた大剣豪、近藤勇

江戸末期は動乱の時代だ。
倒幕を掲げた長州や薩摩、そして幕府側に日本が二分していた時代だ。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
そんな時代に幕府を守り、京都の治安を維持するために結成されたのが壬生浪士組だ。
それが後に新撰組となる。

その新撰組には沖田総司、土方歳三、斎藤一、永倉新八など多くの猛者がいたが、それを束ね局長になったのが近藤勇だ。

戊辰戦争などにも幕府側の主力として参加した。しかし1868年に新政府軍に捕らえられ、処刑され35歳でその生涯を終えた。

そんな近藤勇のお墓と生家跡を行って見た。

近藤勇の生家跡

新撰組は好きで、漫画をなどもいくつか読んでいた。
東京の多摩の辺りに新撰組の元となった試衛館があり、近藤勇や土方歳三がそのあたりの出身であることは知っていた。

実はこの生家跡とお墓を見つけたのは偶然だ。
野川公園を散歩していた時に発見した。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
それがこちらの生家跡だ。

近藤は現在の調布市野川付近の百姓、宮川家生まれた。
幼名は勝太であった。

実は生まれは百姓をやっていた農家なのだ。

その後天然理心流剣道場、試衛館に入門した。
その腕を求められ、近藤家の養子となり天然理心流の4代目となった。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
生家は中の上の農家だったと言われている。
なのでそこそこの広さがあったようだが、今は屋敷の東南部にあった井戸を残すのみとなっている。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
その隣には小さな近藤神社が今はある。
そしてお墓この場所から徒歩2〜3分の龍源寺というお寺にある。


龍源寺にある近藤勇のお墓

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
お墓があるのは三鷹市の龍源寺というお寺だ。生まれの宮川家も龍源寺の檀家であったという。

処刑後、甥の天然理心流5代目の近藤勇五郎が遺体を引き取りこの場所に埋葬した。

ちなみにこのあたりは三鷹市、府中市、調布市、小金井市などの境が入り混じる場所だ。
少し歩けばすぐに市が変わる。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
そして龍源寺に行くと、入り口には近藤の像がある。。

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
そしてお寺の裏にお墓がある。


三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】

三鷹市の龍源寺にある新撰組局長、近藤勇のお墓を訪ねた【t】
こちらだ。
近藤勇を含む、近藤家の墓だ。今も千羽鶴があるのが見える。

新撰組は多くの小説、映画、漫画などの題材になりファンも多い。
そしてこの辺りの人には今でも伝説なのだろう。


動乱の時代に散っていった武士たちに思いを馳せよう…

ミライノシテンおすすめ新撰組マンガ!!


今の日本があるのも、今の僕らがいるのも。この時代を生きた人々がいるからだ。

動乱の時代に行きた武士は今の時代をどう思うのだろうか?
そんなことを思いながらお墓を後にした。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スマホケース販売中!iPhone Xperia Galaxy AQUOS Google Pixel arrows HUAWEIなど多数対応!

Youtube不定期更新!チャンネル登録よろしく!