サイガは氷河期も乗り越えた珍獣?まるでスター・ウォーズに出て来そうな、、【n】

まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
氷河期も生き抜いたとされる珍獣、サイガを紹介しよう。

その生き物は非常に奇妙な外見をしている。まるでスター・ウォーズに出て来そうなクリーチャーのような外見だ。

見た目は奇妙だが、実はすごいのだ。

氷河期を乗り越えた?珍獣、サイガ 

サイガが生息するのは寒帯のステップや林などだ。
偶蹄類、ウシなどの仲間だ。

まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
一匹のオスに複数のメスというハーレムを形成する。大きいものでは50頭のメスとハーレムを形成することもあるという。

特徴的なのは大きな鼻だろう顔の大部分を鼻が占めている。
それが奇妙でもあるが、重要な機能も兼ね備えているのだ。


まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
群れで暮らすサイガは大群で移動をする。その際に砂の嵐を起こすのだが、この鼻が浄化フィルターの役割を果たすのだ。

また寒い場所に生息するため、冷たい空気を肺に送る前に暖める役割もある。

さらにコミュニュケーションや交尾の際にもこの鼻が活躍するという。

氷河期も生き抜いた?

まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
地球はこれまでに何度か氷河期に見舞われてきた。地球の気温が下がり、海水面は下がり地表が氷で覆われる。


最も最近の氷河期は7万年前に始まり1万年前に終了した。
多くの生き物が絶滅したが、サイガはその時代から生きており、氷河期を生き残った生き物であるのだ。

まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
その要因の一つに奇妙な外見の鼻も役割を果たしたのだ。
大きな鼻は冷たい空気を温めた。

奇妙な容姿にも氷河期を生き抜いた秘密が隠されていたのだ。


今の環境変化では絶滅の危機

しかし氷河期を生き抜いたこの生き物も現在の人間による気候変動のもとでは絶滅の危機に瀕している。

20世紀初頭には角や皮が狙われ絶滅の危機に瀕した。
旧ソビエトが保護に乗り出すと、その繁殖力もあり20世紀半ばには200万頭ほどに回復した。

おすすめ商品

しかしソビエトが崩壊すると再びハンターに狙われ数を減らしてしまう。

2015年にはサイガの間で未知の伝染病が蔓延し、大量に死んでしまったと言う。
1970万年には125万頭がいたが、今は推定で5万頭前後とされている。

まるでスター・ウォーズに出て来そうな珍獣、サイガは氷河期も乗り越えた?【n】
かつてはイギリスであるブリテン諸島から北米のアラスカにまで生息していたが、現在はロシアやカザフスタン、モンゴルに生息するのみとなっているのだ、、、

氷河期よりも恐ろしいのが人間なのだ、、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スマホケース販売中!iPhone Xperia Galaxy AQUOS Google Pixel arrows HUAWEIなど多数対応!

Youtube不定期更新!チャンネル登録よろしく!