考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
「考える人」この像を一度は見たことがあるだろう。

ロダンの代表作の彫刻作品である。

見たことはあるが、、考える人は何を考えているのだろうか?
そして日本にもある?

何を考えている?考える人とは?

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
考えているときのポーズの代名詞にもなっているのがこの「考える人」だ。

この像は19世紀を代表する彫刻家ロダンの代表作だ。
「地獄の門」の作品の一部であるのがこの作品だ。


単体では「Le Poète”(詩人)」と言う名前であった。ロダンの没後に鋳造職人リュディエが「考える人」と名付け名前が定着した。


この作品はダンテの「神曲」に着想を得てつくられた。「神曲」の中に出てくる地獄の入り口にある門を表現した作品なのだ。

その考える人はダンテを表現したと言う説や、ロダン本人と言う説がある。

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
実はよく見ると右ひじを左の膝につけている。
少しひねっている。

やって見るとわかるが少し無理がある体勢なのだ。

何を考えていない?見ているだけ?

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
考える人は何を考えているのだだろうか?
それは作品全体を見るとわかるのだ。

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
考える人は地獄の門の上に座り、その門を見ている。。
そう地獄で苦しむ人を見ているのだ。


地獄とは何か?人とは何か?を考えているのだろうか?
しかしそれは一つの解釈だ。そう何を考えているのか?の解釈は人それぞれで良いのだ

ロダンは最初は「詩人」というタイトルをつけていた。
必ずしも考えなくてもいいのだ。

地獄の人々を見てあなたは何を思うか?


日本には5つある?東京は西洋美術館にある。

この「地獄の門」、「考える人」は世界中にいくつか作られているのだ。
日本には京都国立博物館、国立西洋美術館、長島美術館、西山美術館、静岡県立美術館の5ヶ所にある。

結構あるのだ。

その中で東京の西洋美術館にある考える人を見に行った。
上野駅の公園口を出て徒歩1分だ。

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
それがこちらだ美術館に入らなくても見ることができる。外部のスペースに置かれているので誰でも見ることができる。

大きな黒い門がある。これが「地獄の門」だ。
ハガレンの心理の扉のようだ。

考える人は何を考えてる?東京の西洋美術館にもある?【a】
どこに考える人が?いた!!
意外と小さい。

等身大くらいあると思っていた。

しかし禍々しく、迫力のある作品だ。何を考えているのだろうか?




今まで見逃していた人もいるのではないだろうか?
ぜひ上野に行った際は見てはいかがだろうか?
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スマホケース販売中!iPhone Xperia Galaxy AQUOS Google Pixel arrows HUAWEIなど多数対応!

Youtube不定期更新!チャンネル登録よろしく!