3Dプリンターで動物たちを救う?折れたクチバシを3Dプリンターで再生?【n】

折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
3Dプリンターが登場し、いろんな分野で革命をもたらしている。

それまでは手作業では困難だったものや、多くの工程が必要で時間とお金がかかっていたものが簡単にできるようになった。

そして今3Dプリンターは多くの動物の命も救っているのだ。

負傷した動物を3Dプリンターで救う

時に動物も災害に巻き込まれたり、他の動物や悪い人間い襲われたりする。
そして時に大きな傷をおってしまう。

クチバシや甲羅などを破損する。それらは自然に治癒しない部分だ。
そんな傷を負った動物を救うのが3Dプリンターである。


オオハシお折れたクチバシを再生

オオハシという鳥をご存知だろうか?大きなオレンジ色の鮮やかなクチバシを持っている鳥である。
ジャングルの鳥といばこの鳥をイメージする人も多いはずだ。


折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
2016年にコスタリカに住むグレシアと名付けられたオオハシは、10代の若者に攻撃されクチバシを折られてしまった。

オオハシにとってクチバシをなくすことは命をなくすことに繋がる。
その時オオハシを救ったのが3Dプリンターだ。

折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
3Dプリンターによってクチバシを作ったのだ。
素早く簡単に再生することができ、オオハシもすぐに餌を食べれるようになった。


ハイイロガンを救う

ブラジルのサンパウロ近郊で発見されたのはクチバシが取れかかったハイイロガンだ。
生物学者のクリスチャン・ネグラオに発見・保護され救護センターに運ばれた。


折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
そして3Dプリンターを使って野生動物やペットを救う、ボランティアチーム「アニマル・アベンジャーズ」の協力を得て、

3Dプリンターで人口クチバシを製作した。

そしてヴィトリアと名付けられたガンは自分で餌も食べ、水浴びもできるほどに回復した。

カメの甲羅を3Dプリンターで再生

ブラジルでカメが山火事に巻き込まれた。そして無残にも甲羅の85%を失う大きなを負ってしまった。

折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
これがその時の様子だ。痛々しい、、

一命はとりとめたが、このままでは死んでまうのは時間の問題だと思われた。
そこに登場したのが3Dプリンターだ。またもボランティアチーム「アニマル・アベンジャーズ」だ。

折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】
そして見事に甲羅を3Dプリンターで製作し復活した。

折れたクチバシを3Dプリンターで再生?3Dプリンターで動物たちを救う【n】

ペイントも施し、見た目も立派になった。


まとめ

動物の形態を作ることは簡単ではないだろう。作ろうと思えば手作業では無理で、型をとってりして時間もかかっていたはずだ。

しかし3Dプリンターの登場で変わった。
それまでであれば安楽死を選ばなくてはいけなかったケースも、
動物を救うことができるようになったのだ。

しかし3Dプリンターを使えば、簡単により早く作りこことが可能になったのだ。
これからも多くの動物の命を救ってくれるだろう。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スマホケース販売中!iPhone Xperia Galaxy AQUOS Google Pixel arrows HUAWEIなど多数対応!

Youtube不定期更新!チャンネル登録よろしく!