今はなき、「山口ニュージーランド村」の美しい廃墟写真8枚【art】


その昔、山口県に「山口ニュージーランド村」とうテーマパークがあったのを覚えているだろうか?
若い人は知らないであろうが、山口県でも随一のテーマパークであった。私もその昔小学校時代に遠足に行った記憶がある。

残念ながら閉園し廃墟となり、今は解体され完全になくなってしまった。そんなニュージーランド村の美しい廃墟写真をご覧いただこう。


山口ニュージーランド村




当時の園内図

山口ニュージーランド村はかつて山口県美祢市にあったテーマパークである。1990年にオープンし、ニュージーランドをコンセプトにしていた。最盛期は年間45万人の入場者を記録した。

30ヘクタールの広さの敷地にレストランや畜舎、ゴーカート、アーチェリー施設などがあり、羊など動物と直に触れ合えるコーナーもあった。
しかし2005年に休園となり、再開されることなく2013年に解体されてしまった。

私も小学生の頃の遠足に行った記憶があり、丘滑りや、汽車に乗ったり、羊に触れたりした思い出があるのである。

Jordy Meow
その美しい廃墟写真を撮ったのは東京在住のフランス人写真家のJordy Meowだ。

彼は日本の美しい風景を撮ってるいる。そのな中でも廃虚の写真を美しく撮ることで知られている。
彼が撮った今はなきニュージーランド村の美しい写真をご覧いただこう。

うっそうと草が茂った中に建物が見える。夕日とニュージランド村の建物が美しいのだ。

丘すべりの場所だろうか?記憶は定かでないが、そりに乗って遊んだ記憶がある。



乗り捨てられた遊具たち。ゴーカートもあったという。この場所であろうか?

廃墟の寂しさを夕日がさらに強くさせる。

白い赤外線を捉えた写真

Jordy Meowの撮る写真は美しいが、さらに美しい写真も撮っている。それが赤外線を透過させた写真だ。

たまにのような白い雪景色のような写真を見たことはないであろうか?これらの写真は赤外線を捉えた写真であるのだ。赤外線といっても決して赤くはないようだ。
まるで異世界?赤外線レンズで撮った美し写真9枚【PHOT+NATURE】
一瞬雪景色のように見えるが、これは木々や草の葉っぱが、赤外線を反射しているので白く見えるのだという。美しく幻想的で、同じ場所とは思えない。

私たちが見ている世界が全てではなく、ほんの一部なのかもしれない。



まとめ

廃墟には時の流れと無常観を感じる。今はなき人の賑わいが、匂いの様に漂い、悲しさを感じさせる。
そこにあった人の思い出がそうさせるのかもしれない。


おすすめ商品 日本の美しい廃墟
スポンサーリンク

スポンサーリンク