光の芸術家、ジェームズ・タレルの日本で見れる作品は?8つ【a】

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】
光の芸術家として世界的に有名な芸術家がジェームズ・タレルだ。

日常の中の光を再認識し、その存在と美しさに気づかせてくれる作品を作る。

そんなタレルの日本にある作品を紹介しよう。

光の芸術家、ジェームズ・タレルとは?

1943年生まれのアメリカの芸術家だ。

知覚心理学や数学、天文学などを学びアメリカ航空宇宙研究所に勤務していたこともある。

そんな経験を生かしてか?光を知覚し体験することのできるアートを作っている。


その空間の中に入り込み、空間と光を体感するインスタレーションアートとして楽しむことができる。

1960年の後半ごろから作品を作り、世界中にそして日本にも作品を作っている。


光の館  越後妻有トリエンナーレ

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 光の館  越後妻有トリエンナーレ
2000年の越後妻有トリエンナーレの際に作られたのがこの作品だ。
一つの家のようになっている。新潟県十日市町にある。

建物全体がタレルのプロデュースで作られており、宿泊することもできるのだ。
宿泊をして初めてこの作品の全てを鑑賞することができる

Outside In
Outside In 光の館 光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】
この館のメインであるのが和室の天井に開けられた開口である。。

天井の開口により空が額縁効果で切り取られ、空の青をより一層感じることができる

日没時と明け方の各1時間にはライトプログラムが設定されており、天井を照らす照明が変化することで、より一層変化を感じることができる。


Ligth Bath
光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 光の館 Ligth Bat
Outside Inは泊まらなくてもみることができるが、Ligth Bathは泊まらないと見れないのだ。

お風呂がそのまま作品になっているからだ。

光ファイバーによるわずかな照明だけの浴室だ。浴槽に入ると自身の体が光り不思議な感覚を味わうことができる。
光の館HP

Blue Planet Sky(タレルの部屋) 21世紀美術館

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 Blue Planet Sky、通称タレルの部屋 21世紀美術館
日本一有名な美術館とい言ってもいい、金沢の21世紀美術館にあるのがタレルのBlue Planet Sky、通称タレルの部屋である。

普段は特に意識することもなく、見逃してしまいがちな空の色と光を感じることのできる空間である。

石のベンチに座ると部屋の頂部に空いた正方形に切り取られた空に視線と意識が向かう。朝から夜へと変わる空の変化、そして四季の変化を感じることができるのだ。

流れる雲の形、微妙な空の明かり色の変化を感じることができる。

ガスワーク 21世紀美術館

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 ガスワーク 21世紀美術館
ガスワークも21世紀美術館にある作品だ。
この作品は完全予約制の体験型作品である。

体験者はベットに仰向けになりタンク状の球体の中に送られる。内部は光に満ちた空間で、光が刻々と変化する。

その変化や光を視覚だけでなく全身で感じるのだ。

やばい実験装置のような感じで少し怖くもある。

21世紀美術館HP

オープンスカイ 地中美術館

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 オープンスカイ 地中美術館
この作品は直島の地中美術館の中にある作品だ。

この美術館の特徴は作品と建築物が一体となっていることであり、オープンスカイもそうなっている。

美術館の部屋の一つがそのまま作品であるのだ。

内容はタレルの部屋とほぼ同じで、頂部に空を切り取るように開口が開けられているのだ。


数分で見終わるのではなく、少しの間この場所で空を見上げていたくなる空間である。

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 オープンスカイ 地中美術館
地中美術館にはタレルの初期から現在までの代表的な作品が3点展示されており、タレルの作品の変化も見ることができるのだ。
地中美術館HP

熊本市現代美術館のホームギャラリー

光の芸術、ジェームズ・タレル日本で見れるタレルの作品【a】 熊本市現代美術館のホームギャラリー
熊本市現代美術館にもタレルの作品がある。

しかしこれまでの少し違うのはタレルがあるのが展示室ではなく、ホームギャラリーという美術や衣食住に関する本がある図書室にあるのだ。

実はこれは本物の開口ではなく、天蓋としてつけらているのだ。

ピアノなどもあり、カフェ、読書、音楽と様々なことをしながらさらに光の変化も楽しむことができるのだ。
熊本市現代美術館HP

おすすめ商品

まとめ

数は少ないが日本でもタレルの作品が見れるのだ!
しかし日本全国に散らばっている。他の芸術作品や観光地よ一緒に計画してみに行くのがいいだろう。


いつもある光を劇的に感じることができる。
ぜひタレルの作品を見に行って見よう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Youtube毎週火曜、更新中!チャンネル登録よろしく!