Youtubeも更新!チャンネル登録よろしく!

ルネサンスの彫刻に日本の和彫を施したアート【a】

 ルネサンスの彫刻に日本の和彫を施したアート【a】 イタリアのアーティストファビオ・ビアレ
一度は誰もが見たこことがあるであろう、ミケロンジェロやミロのヴィーナスなどのヨーロッパの芸術的な彫刻。

なんとその彫刻にちょっと怖いイメージもある日本の和彫がされているではないか?


和彫をされた彫刻 

この作品を作ったのはイタリアのアーティストファビオ・ビアである。
彼は古い芸術を新たに生まれ変わらせる手法で多くの作品を作っている。

その中の一つがこの和彫をした彫刻である。
大理石の白い彫刻に日本の和彫が施されている様子はどうであろうか?

 ルネサンスの彫刻に日本の和彫を施したアート【a】 イタリアのアーティストファビオ・ビアレ

 ルネサンスの彫刻に日本の和彫を施したアート【a】 イタリアのアーティストファビオ・ビアレ
今までにない組み合わせでなんと言っていいかわからない。



今ではヤクザがしているイメージのある日本の伝統的な和彫である。

タトゥーが広まってきたとはいえ、
和彫を目にすると怖いと思ってしまうのは仕方ないだろう。

だが和彫も江戸時代までは
歌舞伎役者や力士、火消し職人、大工、など粋と言われる職業の人が入れていた
かっこいいファンションアイテムであったのだ。 

しかし明治維新の時にちょん曲げ、刀などが禁止されるのと同時に刺青も禁止されたのだ。

おすすめアプリ
チラシミュージアム~美術館・博物館の展覧会情報&クーポン
チラシミュージアム~美術館・博物館の展覧会情報&クーポン
開発元:eplus inc.
無料
posted with アプリーチ

実はヨーロッパでは
浮世絵に魅了されるのと同じように、芸術的であると評価されていたのだ。
そんな感覚が今でもまだ残っているのだろうか?
参照元:http://www.fabioviale.it/en/
スポンサーリンク

スポンサーリンク