夏目漱石の小説「吾輩は猫である」の猫は漱石が飼っていた元野良猫??【o】


「吾輩は猫である。名前はまだ無い」
のフレーズで有名な夏目漱石の小説「吾輩は猫である」

読んだことはなくても、このセリフだけは知っていると言う人も多いのではないだろうか?
実際僕も小説を読んだことはないが、このセリフだけは知っている。

実はこの猫にはモデルがいると言われているのだ。

夏目漱石が飼っていた猫?

実はその猫のモデルは夏目漱石が実際に飼っていた猫と言われている。

しかし漱石は猫が好きだったというわけでもない。さらに夫人に関しては猫嫌いであったほどなのだ。
ではなぜ猫を飼ったのか?

実は元は野良猫であった。

ある時どこからか野良猫が漱石宅に迷い込んできた

その猫を最初は追い払っていた。
しかし、なんども追い払ってもやって来るので、そのうち仕方なく飼い始めてしまったのだ!


そんな経緯だったので、
名前をつけるタイミングを逃したのか?漱石は「猫、おい猫」と呼んでいたと言う。

漱石はその後、幾度か引っ越しをしているが、猫はちゃんと連れていっていたと言う。
その名前がない猫の気持ちえを表現したのが、

「吾輩は猫である。名前はまだ無い」
という表現に現れたのかもしれない。

漱石にとってはヒット作を出してくれた幸運の招き猫になっただろう。


余談だが、自分ちの猫も元野良猫

余談であるが、シテンさんの実家で飼っている猫も元野良猫だった。

いつのまにか家に寄りつくようになっていた。
庭に来るようになり、いつのまにか勝手に家の中に入って来るようになり、いつのまにか家に住むようになった、、

なのでその猫も名前をつけるタイミングを逃し、今でも「猫!」と呼んでいる。


その猫も思っているかもしれない「我輩は猫である名前はまだない」と…

スポンサーリンク

スポンサーリンク