山口県、湯本温泉。星野リゾートの参入で何が変わる?【y】

山口県の長門市には県内最大級の温泉街、湯本温泉がある。山と渓流に囲まれ、豊かな自然に囲まれた場所だ。

しかし近年は観光客が減少し、2014年は150年歴史を誇った白木屋グランドホテルが倒産した。

その跡地と温泉街全体の再生に乗りだしたのが星野リゾートである。

星野リゾートとが湯本温泉に参入?

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://find-travel.jp/article/8804
長野県に本社を置く総合リゾート運営会社。

観光地や温泉宿の再生で知らており、不振に陥った宿の魅力を再発見し、その地域にあった宿へと生まれかわらせている。

そんな星野リゾートが湯本温泉に?

湯本温泉とは?

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://www.nanavi.jp/relax-all
山口県最古の温泉街であり、湯田温泉と並び県内最大規模の温泉街である。長門市の山あいにある温泉街だ。

1427年に開湯。現在13の旅館と2つの共同浴場が存在する。

歴史のある温泉街だが近年は団体客の減少などにより客数が落ち込んでいた。

バブル期には36万人、2001年山口きらら博時には32万人ほどの宿泊者があったが2014年は18万人に落ち込んでた。

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://news-everyday-tech.seesaa.net/article/386663526.html
そして2014年には150年の歴史を持つ「白木屋グランドホテル」が倒産したのである。

明治維新の頃に創業した歴史のある宿が倒産したことはまさに、湯本温泉の新たな時代の節目かもしれない。

湯本温泉の特徴。良くも悪くも昭和が残る

湯本温泉は好きで、地元に帰ると必ず日帰りの温泉に行くほど好きある。

山の中に囲まれ、自然や静かな環境が残る。

http://www.y-bekkan.jp/
部分的に改修され、綺麗で大きなお風呂も多いい。山村別館の温泉。綺麗で雰囲気もよく、よく行く温泉だ。

しかしやはり全体的には昭和に取り残されたような雰囲気なのである。よく言えばノスタルジックな雰囲気であるが、古臭いイメージもあり若い人にはうけないと感じる。

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉 白木屋客室
http://xn--9vqv1re9yr4x.biz/ 
白木屋客室

「時代の変化に対応できなかった」
倒産した白木屋グランドホテルの社長の発言だ。

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://spamegur.exblog.jp/iv/detail/s=21082931&i=201409%2F03%2F28%2Fd0086228_10581088.jpg
やはり全体的には古い雰囲気だ。

まさに見た目だけでなく中身も昭和のままだったのかもしれない。
それでは星野リゾートの参入でどのように変わるのだろうか?

どのようにかわるか?

多くの魅力的な宿を作って星野リゾート、個人的には非常に楽しみである。果たしこれからどのようにかわるのか?

星野リゾート星野社長発言をみて考察していこう。

その場所の環境を活かす

「非常に魅力のある場所。うまく表現できれば必ず目的は達成できる」「川の流れる景観と情緒ある街並みが魅力」

と発言している。過去の星野リゾート施設を見ると、その場所の風土や自然環境を活かし、感じる事のできる施設となっている。

湯田温泉の側には音信川という清流が流れる。
また湯本温泉の近くの川にはホタルが多く生息しており、それも魅力の一つだ。宿からホタルバスが運行している。

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
湯本温泉近くのホタル。

この環境を再発見してくれることに期待したい。
http://www.otanisanso.co.jp/system/okami/spot/show/index.php?id=201106

山口全体の観光地の拠点

「首都圏からの旅行客や訪日客を積極的に取り込みたい。そのために山口全体や近辺の観光地の魅力も掘り起こしていきたい」

と発言をしていた。

近年長門地域は「角島」や「元乃隅稲成神社」などが全国的に有名な観光地となっている。

それらの観光客の受け皿となること、また「秋芳洞」などの昔からの観光地との連携にも期待したい。


星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://find-travel.jp/article/1582

外国人観光客を増やす

「インバウンドを長門に呼ぶ」

インバウンドとは外国人旅行客のことだ。現在日本は観光立国を目指し、順調に訪日外国人が増えている。

しかし日本の旅館においてはそれに比例して外国人が増えていない。
安い民泊などに流れている。

それは湯本温泉においても同じ事が言える。訪日外国人対してのアピールをし、外国語などに対応できるシステムも必要になってくるだろう。


星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉 インバウンド
また目標として全国の人気温泉地ランキングを10位に上げる事を目標としている。
現在は86位。


では過去の星野リゾートをみて想像を膨らまそう

星野リゾートトマム

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
http://find-travel.jp/article/32619
最も有名なのがここではないだろうか?冬はマイナス20度にもなる北海道トマムにある。

雲海を眼下に見おろす事のできる雲海テラスで一躍有名になった。

建築家安藤忠雄が設計をした水の教会などもある。


星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】

界 川治

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】
hoshinoresort.com
渓流と里山に囲まれた栃木県川治温泉に作られた星野リゾートの旅館だ。

里山という環境の雰囲気を生かし、また感じることのできる旅館となっている。


星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】

モダンさと和両方が感じることのできる客室

星野やリゾート 星野や軽井沢

星野リゾートの参入で何が変わる?山口県、湯本温泉【y】 星野リゾート創業地である。歴史は古く1914年の開業だ。

しかしそこに古臭い雰囲気はない。和の雰囲気も感じる事ができ、尚且つモダンでロマンチックなのである。

湯本温泉はおじいさん、おばさんしかいない印象だがこんな場所であれば恋人とも泊まりに行きたくなりそうである。

常に時代の変化に対応してきたのだろう。

まとめ

進化論を提唱したダーウィンのこんな言葉がある。

「最も強いものが生き残るではなく、最も賢いものが生き残るのでもない。変化に対応できるものが生き残るのだ」

おすすめ商品
常に星野リゾートは時代の変化を察知し、自身も変化をして来たのだろう。一方湯本温泉は変化をすることができなかったのだ。今後の湯本温泉の変化に期待をしたい。
スポンサーリンク

スポンサーリンク