このブログを検索

病気や事故の傷跡を隠したり、あえて生かすタトゥー【art】

日本ではまだまだ悪いイメージもタトゥーだが、海外ではタトゥーと使われ方とは違う使われ方をしているのだ。

傷跡を隠すタトゥー Tattoos Covering Scars 

タトゥーは民族が伝統的に入れるものから、若者が信条やメッセージ、ファンション感覚で入れるものまで様々な種類がある。


しかし日本ではまだ抵抗があり、悪いイメージをも人も少なくない。そんな中、それまでとは少し違った形でタトゥーが使われているので紹介しよう



それが大きな怪我や、手術の痕などを隠す為に使われているTattoos Covering Scarsというものだ。

事故や病気、手術などの傷跡は見られたくはないものだ。時には好奇の目にさらされ、人前に出ることに抵抗が生まれ引きこもる人もいる。

そんな傷跡を隠したり、またあえて傷を生かしてタトゥーを入れたと、隠したかった傷を逆に見せたくなってしまうのだ。

そんなタトゥーを紹介しよう。

腕をイルカに 

ハイネ・ブレックさんは13歳の頃に鉄道事故により腕を切断してしまった。腕のことで落ち込み悩む日も多かったという。

しかしブルガリアのアーティスト、Valio Skaは傷跡を生かし、イルカのタトゥーを入れたのだ。

それ以来明るくポジティブになれたという。


花のタトゥー

この女性は足に大きな手術痕があった。その痕の上に花のタトゥーを施すことにより目立たなくなった。 

ジッパーに 

この女性は首の後ろに手術痕があるようだ。

そこにファスナーのタトゥーを入れてジッパーのようにしてしまった。 

魚の骨のように 

この人は足に特徴的なケロイド状の傷跡があった、その傷跡が今ではコミカルな魚の骨のようである。 

キリト線に 

手術の後をキリトリ線に、今度また切るときも迷わないでいいだろう。

今から手術します

まさに今から手術が始まり、切られる瞬間をタトゥーで再現してしまった。

美しいバラに 

乳がんの跡も消すことができるのだ。美しいタトゥーを入れれば以前より気にすることもなくなるだろう。 



まとめ 

日本人は考えることなく悪いものはダメ、ダメなものはダメ!と洗脳されているかのように考えず否定することがある。

しかしそれは新たな可能性を排除しているかもしれないのだ。

先入観に支配されずに世界を見ることが、新たな世界を作るのだとこのタトゥーから教えられる。

他にも多く見れるのでこちらから。 ↓
参照元:http://www.boredpanda.com/scars-tattoo-cover-up/ 
スポンサーリンク

スポンサーリンク