ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ【Product】

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ
http://ueyabu.gr.jp/itempkou/ko100310buna004.html
ブナコとは青森県が日本一の蓄積量を誇るブナの木を有効利用した工芸品である。
そのシルエットは柔らかく、また美しい。

その独特な製法により、木材とは思えない多様でユニークな形態を作る事ができる。

ブナの木

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコhttp://blogs.yahoo.co.jp/kiaidapeac/5936008.html ブナの原生。林白神山地
落葉広葉樹であり、日本の温帯林を代表する樹木である。高さは30mほどに成長する。
北海道南部、本州、四国、九州にかけて分布している。標高が1000m~1500の山地ではブナ林を形成する。

東北の山地には天然のブナ林が広がっていたが戦後の伐採により失われた。現在は世界遺産にも登録された「白神山地」にのこるだけとなった。白神山地には世界最大級のブナの原生林でもある。

ブナは腐りやすく、加工後も曲がりやすことから建築材としては扱いづらいもであった。主な用途は
シイタケの原木などでああった。

そんな扱い辛いブナの木をどうにか製品にしようと考えだされたのが、ブナコである。


独特な製法で作られるブナコ

1956年に青森県工業試験場によって考案されたのがブナコだ。

含水率が高く反りやねじれが多く発生するブナをどう扱いやすものにするか?また、ブナ資源をできるだけ無駄にしないためにはどうすればいいか?という研究の末に生まれたという。

1㎜厚のブナ材のテープを切り出し、それをコイル状に巻きながら作っていく。ブナは元々曲げには適した部材であるため、加工はしやすいものとなった。

木材をくりぬいたり、余分な部分を切断するなどしないためエコな製法でもあるのだ。


そのブナコの美し製品達を紹介しよう。


暖かい明かりを灯すランプ

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ

http://www.shinwashop.com/products/detail.php?product_id=207
まるで惑星のような不思議な形態を作ることができる。ランプはその色も特徴で木が光を透過し独特の暖かさを醸しだす。


イス

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ
http://www.shinwashop.com/products/detail.php?product_id=207
コイル上に巻くことにより、座と椅子を一体につくる事ができる。洗練された美しい形状だ。


木目を残すティッシュボックス

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ

http://item.rakuten.co.jp/shinwashop/ib-t911_2?s-id=adm_bookmark_item02
円柱形のティッシュボックスだ。おしゃれだ。


お皿

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ

http://net.ciao.jp/wp/?cat=772
様々な大きさ、深さのお皿を作ることができる。

やわらかいボウル

ブナの木を利用した美しい工芸品ブナコ

http://www.kok-design.jp/SHOP/BN-BO-167.html
色を付けることもできる。非対称な形態も味わいがあってよい。


今までにない不思議な形と、木のぬくもりが残る製品が作ることができるのだ。
暖かさと新しさを部屋の中に演出できることだろう。

おすすめ商品 テーブルランプブナコ
スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

面白かったら!!
いいね!をしよう。
最新情報をお届け!